癌に有効な最新治療|遺伝子治療で癌を治す

聴診器

聴力の低下

医者

本人はわかりにくいことが多い聴神経腫瘍ですが、よくよく考えてみると片耳だけが聞こえにくくなったというような症状がでていることがあります。またこの聴神経腫瘍は脳から繋がる神経の一つになるため重要なものです。聴神経腫瘍は腫瘍としては良性に分類されこれ自体が何か悪さをするというもではないのですが、大きくなるにつれ周りの神経や組織を圧迫してしまうことがあるので様々な弊害が起きるのです。その弊害の一つとして先程記述した聴力の低下です。聴神経腫瘍は片方に起きることが多いのでどちらかの耳が聞こえにくいということが症状として挙げられます。それ以外では目眩といった症状があります。脳から繋がる神経のため腫瘍が脳細胞付近を圧迫することで目眩を起こしてしまうことがあるのです。
聴神経腫瘍はゆっくりと大きくなることから本人は全く自覚がないのです。また大きくなった状態にならないと症状としても気づくことがないので、気づいた場合は摘出になるケースがほとんどです。腫瘍の状態にもよりますが摘出ができれば状況も改善され、転移することもないので比較的安全な腫瘍の部類です。しかし、脳から繋がる神経なので手術のリスクというのも多少あります。リスクとしては顔面神経の麻痺や手術後の聴力低下といったものです。また脳神経に影響が出てしまうこともあるのでその点はしっかりと知っておく必要があります。そのため少しでも耳に異変を感じた場合には必ず耳鼻科などの専門外来に検査を受けに行くべきですね。